犬のパテラはアンチノールで治せる?獣医師が解説

HOME

今日は、うちのセッピョルもなっているパテラという病気についてお話しします。パテラとは、膝蓋骨という膝の骨がずれてしまう病気です。犬にはよく見られる病気で、特に小型犬に多いです。パテラになると、犬は痛みを感じたり、歩きにくくなったりします😢

パテラの治療法は、手術と内科的治療の2種類があります。手術は、膝蓋骨を固定する方法です。内科的治療は、薬やサプリメントを使って症状を緩和する方法です🏥

この中で、サプリメントとしてよく使われるのが、アンチノールというものです。アンチノールは、グリーンリップドマッセルという貝から作られたサプリメントで、関節の炎症や痛みを抑える効果があります🐚

では、アンチノールはパテラに効果があるのでしょうか?アンチノールはパテラの原因や症状にどのように働きかけるのでしょうか?アンチノールの与え方や注意点は何でしょうか?
これらの疑問に答えるために、獣医さんに聞いたのでパテラの詳しい情報を見ていきましょう👀

スポンサーリンク

パテラとは何か?原因やグレード分類を知ろう

パテラとは膝蓋骨が脱臼する病気

まず、パテラとは何かを説明します。パテラとは、膝蓋骨という膝の骨がずれてしまう病気です。膝蓋骨とは、膝の前にある小さな骨で、膝の曲げ伸ばしをスムーズにする役割があります🦴

膝蓋骨は、大腿骨という太ももの骨と、腓骨というすねの骨の間にある溝にはまっています。
この溝を膝蓋骨溝といいます。膝蓋骨溝は、膝蓋骨を正しい位置に保つために、両側に隆起があります🌊

パテラとは、膝蓋骨が膝蓋骨溝から外れてしまうことです。膝蓋骨が外れる方向は、内側と外側の2種類がありますが、ほとんどの場合は内側に外れます。膝蓋骨が外れると、膝の曲げ伸ばしができなくなったり、痛みを感じたりします😭

パテラは、犬にはよく見られる病気で、特に小型犬に多いです。パテラになると、犬は歩き方が変わったり、足をひきずったりします。また、パテラは、ほかの関節病や膝の靭帯損傷と合併することもあります😱

パテラの原因は遺伝的な要因が大きい

次に、パテラの原因を説明します。パテラの原因は、遺伝的な要因が大きいです。
つまり、パテラになりやすい体質を親から受け継ぐということです👪

パテラになりやすい体質とは、膝蓋骨溝が浅い、膝蓋骨が小さい、膝の靭帯が弱い、足の骨が曲がっている、などの特徴があります。これらの特徴は、小型犬に多く見られます🐶

パテラの原因は、遺伝的な要因だけではありません。加齢や肥満、運動不足、ケガなどもパテラのリスクを高めます。これらの要因は、膝蓋骨溝や膝の靭帯に負担をかけて、膝蓋骨がずれやすくなります😓

パテラの原因を知ることは、パテラの予防や治療に役立ちます。パテラになりやすい体質の犬は、獣医師に定期的に診てもらうことが大切です。また、犬の体重や運動量にも気をつけることが必要です👍

パテラのグレード分類と症状の違い

最後に、パテラのグレード分類と症状の違いを説明します。パテラのグレード分類とは、パテラの重症度を表すものです。パテラのグレード分類は、1から4までの4段階があります🔢

  • グレード1:膝蓋骨が軽くずれるが、すぐに元に戻る。症状は軽く、時々足を上げる程度。
  • グレード2:膝蓋骨がずれると、手で戻さないと元に戻らない。症状は中程度で、歩きにくさや痛みがある。
  • グレード3:膝蓋骨が常にずれていて、手で戻してもすぐにずれる。症状は重く、足を使えない。
  • グレード4:膝蓋骨が完全にずれていて、手で戻すこともできない。症状は最も重く、足を引きずる。

パテラのグレード分類と症状の違いを知ることは、パテラの治療法を選ぶのに役立ちます。グレード1や2の場合は、内科的治療で改善する可能性があります。グレード3や4の場合は、手術が必要になることが多いです🏥

では次に、パテラになりやすい犬種とその理由について見ていきましょう🐕

パテラになりやすい犬種とその理由

小型犬がパテラになりやすいのはなぜか?

パテラになりやすい犬種として、小型犬が挙げられます。小型犬とは、体重が10kg以下の犬のことです。小型犬は、パテラの発生率が約20%と、大型犬の約2%に比べて非常に高いです😲

小型犬がパテラになりやすいのは、遺伝的な要因が大きいからです。小型犬は、人間に可愛がられるために、品種改良されてきました。その過程で、膝蓋骨溝が浅くなったり、膝蓋骨が小さくなったり、足の骨が曲がったりするようになりました。これらの特徴は、パテラになりやすい体質を作り出しました😥

小型犬がパテラになりやすいのは、遺伝的な要因だけではありません。小型犬は、人間に抱っこされたり、階段を登ったり、ジャンプしたりすることが多いです。これらの行動は、膝蓋骨溝や膝の靭帯に負担をかけて、パテラを引き起こす可能性があります😨

小型犬がパテラになりやすいのを防ぐためには、遺伝的な要因と環境的な要因の両方に注意することが必要です。小型犬を飼うときは、パテラの遺伝がある親犬や子犬を避けることが大切です。
また、小型犬の運動や食事にも気をつけることが必要です👌

パテラになりやすい犬種の一覧と特徴

パテラになりやすい犬種として、以下のような犬種があります。これらの犬種は、小型犬の中でも特にパテラの発生率が高いです🐾

  • チワワ:パテラの発生率が約40%と最も高い犬種です。チワワは、膝蓋骨溝が浅く、膝蓋骨が小さく、足の骨が曲がっていることが多いです。チワワは、元気で活発な犬ですが、膝に負担をかけないように注意する必要があります🐶
  • ポメラニアン:パテラの発生率が約30%と高い犬種です。ポメラニアンは、膝蓋骨溝が浅く、膝蓋骨が小さく、足の骨が曲がっていることが多いです。ポメラニアンは、愛らしい外見と明るい性格で人気の犬ですが、肥満にならないように注意する必要があります😐
  • ヨークシャーテリア:パテラの発生率が約20%と高い犬種です。ヨークシャーテリアは、膝蓋骨溝が浅く、膝蓋骨が小さく、足の骨が曲がっていることが多いです。ヨークシャーテリアは、勇敢で忠実な犬ですが、ケガをしないように注意する必要があります😥
  • トイプードル:パテラの発生率が約14%と小型犬の中でも高い犬種です。トイプードルは、膝蓋骨溝が浅く、膝蓋靭帯が弱いことが多いです。トイプードルは、知能が高くて人懐っこい犬ですが、膝に負担をかける運動や段差は避ける必要があります🐩

ほかにも、パグ、マルチーズ、ミニチュアシュナウザー、ミニチュアピンシャー、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、ペキニーズなどがパテラになりやすい犬種です。これらの犬種は、パテラの予防や治療に関して、獣医師と相談することが大切です🙏

パテラの見分け方と診断方法

パテラの兆候に気づくためにはどうすればいいか?

パテラは、犬にとって辛い病気です。パテラになると、犬は痛みを感じたり、歩きにくくなったりします😢

パテラの兆候に気づくためには、犬の歩き方や様子に注意することが必要です。パテラの兆候として、以下のようなことがあります👀

  • 足を上げて歩く
  • 足をひきずる
  • 足を使わない
  • 足をなでると痛がる
  • 足を曲げたまま固まる
  • 足を伸ばしたまま固まる
  • 足を動かすとカクカクする
  • 歩き始めや階段の上り下りに困る
  • 歩き方が不安定になる
  • 歩くのを嫌がる
  • 足に触るのを嫌がる
  • 足に異常があると感じる

これらの兆候がある場合は、パテラの可能性があります。パテラは、早期発見が大切です。パテラの兆候がある場合は、すぐに獣医師に診てもらうことが必要です🏥

パテラの診断方法と必要な検査

パテラの診断方法として、獣医師は、以下のようなことをします👩‍⚕️

  • 問診:犬の年齢や犬種、症状や発症時期、遺伝的な歴史などを聞きます。
  • 触診:犬の膝を触って、膝蓋骨の位置や動き、痛みの有無などを確認します。
  • X線検査:犬の膝の骨の状態や膝蓋骨溝の深さなどを見ます。
  • MRI検査:犬の膝の軟部組織や膝の靭帯の状態などを見ます。

これらの検査によって、パテラのグレード分類や合併症の有無などを判断します👩‍⚕️

パテラの診断方法と必要な検査を知ることは、パテラの治療法を選ぶのに役立ちます。
パテラの治療法は、手術と内科的治療の2種類があります。
では、次に、パテラの予防と治療法について見ていきましょう👀

パテラの予防と治療法

パテラの予防に効果的な生活習慣とは?

パテラは、犬にとって辛い病気です。パテラになると、犬は痛みを感じたり、歩きにくくなったりします😢

パテラを防ぐためには、犬の生活習慣に気をつけることが必要です。パテラの予防に効果的な生活習慣として、以下のようなことがあります👍

  • 体重管理:肥満は、膝に負担をかけて、パテラを引き起こす原因になります。
    犬の体重は、獣医師に相談して、適正な範囲に保つことが大切です🍎
  • 運動管理:運動不足は、膝の筋肉や靭帯を弱くして、パテラを引き起こす原因になります。
    犬の運動は、獣医師に相談して、適度な量と強度にすることが大切です🏃‍♂️
  • ケガ防止:ケガは、膝にダメージを与えて、パテラを引き起こす原因になります。
    犬のケガを防ぐためには、抱っこやジャンプなどの膝に負担をかける行動を避けることが大切です🙅‍♂️
  • 定期検診:定期検診は、パテラの早期発見や予防に役立ちます。
    犬の定期検診は、獣医師に相談して、定期的に受けることが大切です👩‍⚕️

パテラの予防に効果的な生活習慣を知ることは、犬の健康を守るのに役立ち、パテラの予防に効果的な生活習慣を実践することで、犬は快適に暮らすことができます😊

パテラの治療法は手術と内科的治療の2種類

パテラを治すためには、獣医師に相談して、適切な治療法を選ぶことが必要です。パテラの治療法は、手術と内科的治療の2種類があります。🏥

  • 手術:手術は、膝蓋骨を固定する方法です。手術は、パテラのグレードが3や4の場合や、内科的治療で改善しない場合に行われます。手術には、膝蓋骨溝を深くする方法や、膝の靭帯を短くする方法などがあります。手術は、パテラの根本的な解決になりますが、リスクや費用も高いです💰
  • 内科的治療:内科的治療は、薬やサプリメントを使って症状を緩和する方法です。内科的治療は、パテラのグレードが1や2の場合や、手術ができない場合に行われます。内科的治療には、炎症や痛みを抑える薬や、関節の潤滑や修復を助けるサプリメントなどがあります。内科的治療は、パテラの症状を和らげることができますが、パテラの原因を取り除くことはできません💊

パテラの治療法は、手術と内科的治療の2種類があります。パテラの治療法を選ぶときは、獣医師と相談して、犬の状態やグレード、合併症などを考慮することが大切です👌

アンチノールはパテラに効果があるのか?

アンチノールとは何か?成分や効能を紹介

アンチノールとは、グリーンリップドマッセルという貝から作られたサプリメントです。グリーンリップドマッセルは、ニュージーランドの海に生息する貝で、関節の健康に良いとされています🐚

アンチノールには、グリーンリップドマッセルの抽出物が含まれています。
グリーンリップドマッセルの抽出物には、オメガ3脂肪酸やグリコサミノグリカンという成分が豊富に含まれています。これらの成分は、関節の炎症や痛みを抑えたり、関節の潤滑や修復を助けたりする効果があります👏

アンチノールは、パテラの予防や治療に役立つサプリメントとして、獣医師によって推奨されることがあります。アンチノールは、パテラの症状を緩和することが期待できます😊

【ベッツペッツ 公式 正規品 】 アンチノール プラス 60粒 犬用 サプリメント サプリ 関節 DHA EPA 皮膚 腎臓 神経 高齢 シニア モエギイガイ ナチュラル 動物病院 ドックフード vetzpetz

アンチノールはパテラの予防や治療に役立つのか?

アンチノールは、パテラの予防や治療に役立つのでしょうか?アンチノールは、パテラの原因や症状にどのように働きかけるのでしょうか?🤔

アンチノールは、パテラの原因の一つである膝の炎症や痛みを抑えることができます。アンチノールに含まれるオメガ3脂肪酸やグリコサミノグリカンは、関節の炎症を抑制したり、関節の潤滑を改善したりする効果があります。これによって、犬の膝の動きがスムーズになり、痛みが和らぎます😌

アンチノールは、パテラの症状の一つである関節の変形や損傷を防ぐことができます。アンチノールに含まれるグリコサミノグリカンは、関節の軟骨や靭帯の修復を促進する効果があります。これによって、犬の膝の構造が強化され、変形や損傷が防がれます。😊

アンチノールは、パテラの予防や治療に役立つことがわかりました。アンチノールは、パテラの原因や症状に直接働きかけることができます。しかし、アンチノールは、パテラの根本的な解決にはなりません。アンチノールは、パテラの予防や治療において、補助的な役割を果たすものだと考えるべきです🙇‍♂️

【ベッツペッツ 公式 正規品 】 アンチノール プラス 60粒 犬用 サプリメント サプリ 関節 DHA EPA 皮膚 腎臓 神経 高齢 シニア モエギイガイ ナチュラル 動物病院 ドックフード vetzpetz

アンチノールの与え方や注意点

アンチノールは、パテラの予防や治療に役立つサプリメントですが、与え方や注意点についても知っておく必要があります。
アンチノールの与え方や注意点として、以下のようなことがあります👇

  • 獣医師の指示に従う:アンチノールは、獣医師の指示に従って、正しく与えることが重要です。獣医師は、犬の状態やグレード、合併症などに応じて、アンチノールの必要量や期間を決めます。獣医師の指示に従わないと、アンチノールの効果が得られなかったり、副作用が起こったりする可能性があります👩‍⚕️
  • 食事と一緒に与える:アンチノールは、食事と一緒に与えることが推奨されます。食事と一緒に与えることで、アンチノールの吸収が良くなったり、胃腸のトラブルを防いだりすることができます🍽
  • 他の薬やサプリメントとの併用に注意する:アンチノールは、他の薬やサプリメントとの併用に注意する必要があります。アンチノールは、血液の凝固を阻害する効果があります。そのため、同じ効果を持つ薬やサプリメントと一緒に与えると、出血のリスクが高まります。
    また、アンチノールは、他の薬やサプリメントの効果を強めたり、弱めたりする可能性があります。そのため、他の薬やサプリメントと一緒に与える前には、必ず獣医師に相談することが大切です💊

アンチノールの与え方や注意点を知ることは、アンチノールの効果を最大限に引き出すのに役立ちます。アンチノールは、獣医師の指示に従って、正しく与えることが重要です👌

スポンサーリンク

まとめ:パテラは早期発見が大切!アンチノールは補助的に利用しよう


  • パテラは遺伝的な要因が大きいが予防や治療は可能
  • アンチノールはパテラの症状を緩和する効果が期待できる
  • アンチノールはパテラの根本的な解決にはならない

犬のパテラは、小型犬に多く見られる病気で、膝蓋骨がずれてしまうことで、痛みや歩きにくさを引き起こします。パテラの原因やグレード分類、症状、予防や治療法について、わかりやすく説明しました。アンチノールは、パテラの症状を緩和する効果が期待できるサプリメントで、グリーンリップドムッスエルという貝から作られています。アンチノールの成分や効能、与え方や注意点についても、詳しく紹介しました👏

犬のパテラとアンチノールについて、少しでもお役に立てれば幸いです。犬の健康は、飼い主さんの愛情と注意で守られます。犬の膝に気をつけて、楽しく暮らしてください🐶

コメント