【飼い主必見!】犬のアレルギー対策について

HOME

こんにちわ。今日は、大切な愛犬がアレルギーになることについてお話ししましょう。アレルギーって何か知っていますか?犬のアレルギーは、飼い主さんにとっても心配なことのひとつなんです。だから、この記事では、犬のアレルギーについて詳しく教えます!

そして、アレルギーの治療にかかる費用についてもお話しします。

大切な犬の健康を守るために、ぜひこの記事を読んでくださいね。

犬のアレルギーとは何か

犬のアレルギーは、犬たちが特定のものに反応してしまう状態です。これについて、誰でもわかるように説明していきますね!

スポンサーリンク

犬のアレルギーの種類

1.食物アレルギー -食べ物が原因?

食物アレルギーは、犬たちが特定の食べ物に反応してしまうことです。これは、私たちが特定の食べ物を食べたときに、おなかが痛くなるのと似ています。犬たちも同じように、特定の食べ物を食べると、体が反応してしまうことがあります。

例えば、ある犬が牛肉が大好きだとします。でも、その犬は牛肉にアレルギーがあるかもしれません。牛肉を食べると、おなかが痛くなったり、お皿が赤くなったりすることがあります。それが食物アレルギーの兆候です。

だから、大切なのは、どんな食べ物が犬に合っていて、どれがアレルギーを引き起こすのかを知ることです。そして、アレルギーを引き起こす食べ物を避けて、犬に優しい食事を提供しましょう。アレルギーの原因を特定して、獣医さんに相談することも大切です。そうすることで、犬は健康で幸せな生活を送ることができます。

2.環境アレルギー -外の世界のアレルギー

環境アレルギーは、犬たちが外の世界からくるアレルギーに反応することです。これは、私たちが春に花粉症になるのと似ています。犬たちも外の世界からくるものにアレルギーがあることがあります。

例えば、春になると、花粉が飛び交います。犬たちも花粉にアレルギーを持っていると、鼻がムズムズしてくしゃみをしたり、目がかゆくなったりすることがあります。それが環境アレルギーの兆候です。

また、おうちの中にはハウスダストと呼ばれる小さなほこりやダニがいます。これらにもアレルギーがある犬がいます。ハウスダストにアレルギーがあると、おうちの中でかゆみやトラブルが起こることがあります。

だから、犬たちが外の世界からくるアレルギーに対処するためには、おうちをきれいに保ち、外出の時に気をつけることが大切です。花粉が飛んでいる季節には、散歩の時間を調整して、おうちの窓を閉めることが役立ちます。アレルギーの原因を知り、それを避けることで、犬たちは快適に過ごすことができます。

犬のアレルギーの症状

1.かゆみと赤み – かゆいお肌の苦しみ

みんなが経験することがあるかもしれないのは、かゆみです。犬たちもかゆみを感じることがあります。かゆみと赤みは、犬にとって苦しいことです。

犬のお肌がかゆいと、犬はかいたり、なめたりします。その結果、お肌が赤くなってしまうことがあります。これは、私たちが虫刺されやかゆみを感じるときに似ています。

犬のかゆみは、食物アレルギーや環境アレルギーの兆候の一つです。かゆみが続くと、犬は不快に感じるし、飼い主さんも心配します。

幸いなことに、かゆみと赤みに対処する方法があります。

  1. 犬の皮膚をチェックする:犬の皮膚に湿疹、赤み、かさぶた、湿った部分、虫刺されの跡があるか見てみよう。そうすると、かゆみの原因が分かることもあるよ。
  2. 犬を掻かせない:犬がかゆいと感じると、ますます掻こうとすることがあるけど、掻きすぎると皮膚に傷をつけてしまうから、掻かせないようにしよう。
  3. 犬を清潔に保つ:犬の皮膚をきれいに保つことが大切だよ。シャンプーをすることもあるけど、過度に洗うとかえってかゆみをひどくすることがあるから、獣医の指示に従おう。
  4. アレルギーに気を付ける:アレルギーがかゆみの原因なら、アレルギーのもとを特定して避けよう。獣医から処方された薬を使うこともあるよ。
  5. 適切な食事:食べ物にアレルギーが関係しているかもしれない。その場合、特別な食事をするかもしれないから、獣医さんに相談しよう。

大切なのは、犬のかゆみを見逃さず、獣医さんに相談することです。そうすれば、犬は快適なお肌で幸せな生活を楽しむことができます。

2.耳のトラブル – 耳の中がかゆいの?

犬たちも時折、耳の中がかゆいと感じることがあります。これは、私たちが耳の中がかゆいと感じることと似ています。耳のかゆみは、犬にとってちょっとしたトラブルです。

耳の中がかゆいと、犬は耳をかいたり、頭を振ったりすることがあります。そして、耳の中がかゆいために、犬は不快な思いをします。

耳のかゆみの原因は、食物アレルギー、環境アレルギー、または耳の中に異物やダニがいることがあります。だから、獣医さんは耳の中を調べて、原因を見つけてくれます。

そして、耳のかゆみを和らげるために特別な薬を処方してくれることがあります。獣医さんのお手伝いがあれば、犬は耳のかゆみから解放されて快適な生活を送ることができます。耳のかゆみがあるときは、すぐに獣医さんに相談しましょう。

3.くしゃみと鼻水 – 犬も花粉症?

みんなが経験することの一つに、くしゃみや鼻水が出ることがあります。これは、私たちが風邪を引いたり、花粉症の症状を感じるときと似ています。でも、犬たちも同じように、くしゃみや鼻水が出ることがあります。

花粉症は、春に花粉がたくさん飛び交うときによく起こります。犬たちも、花粉にアレルギーがあると、くしゃみをしたり、鼻水が出たりすることがあります。これが、犬も花粉症にかかることです。

花粉症の症状は、犬たちにとっても不快なものです。くしゃみや鼻水が続くと、犬はちょっと辛い思いをします。


犬がくしゃみや鼻水の症状が出たとき、以下の簡単な対処法を試すことができます。

  1. 犬をなでてあげる: 犬はくしゃみや鼻水のときに、飼い主さんからの愛情が必要です。優しく撫でて、安心させましょう。
  2. 犬を静かな場所に移動する: 犬が元気すぎると症状がひどくなることがあります。だから、犬を静かな場所に連れて行って、リラックスさせましょう。
  3. 犬の状態を見守る: 犬の鼻水やくしゃみが続く場合、病気かもしれません。獣医さんに診てもらうべきです。
  4. 部屋の湿度を調整する: 部屋が乾燥していると、犬の症状がひどくなることがあります。加湿器を使って部屋の湿度を調整しましょう。
  5. アレルギーを考える: 犬がアレルギーを持っているかもしれません。その場合、アレルギーの原因を突き止めて、避けるようにしましょう。獣医さんに聞いてみると良いです。
  6. 犬の鼻を拭く: 犬の鼻をやさしい湿った布で拭いてあげると、鼻の不快感が和らぎます。

犬のくしゃみや鼻水が軽い場合、これらの方法で症状を軽減できることが多いです。でも、重症で長引く場合は、獣医さんの助けが必要です。獣医さんが一番犬のことをわかっているからです。

くしゃみや鼻水が軽度で一時的な場合、上記の方法で快適に過ごすことができることが多いです。ただし、症状が重症である場合や持続する場合は、獣医さんに相談してみましょう。

4.消化器系の問題 – おなかがごろごろ?

犬たちが幸せな生活を送るためには、おなかが元気で健康であることがとても大切です。しかし、時には犬たちのおなかに問題が生じることがあります。

犬たちの消化器系(おなかの中に食べたものを消化する仕組み)がうまくいかないと、犬はおなかがごろごろすることがあります。これは、私たちがおなかが痛くなったり、胃がゴロゴロ鳴ったりすることに似ています。

消化器系の問題は、食べ物に関連していることが多いです。たとえば、犬が特定の食べ物にアレルギーがある場合、おなかがごろごろすることがあります。また、食べ過ぎや食べ物が合わないと、おなかに不快な感じが生じることもあります。まずは以下のことをやってみましょう。

  1. 食事を見直す:犬の食事に注意して、変なものを食べていないか確認しよう。時々、食べ物がおなかに合わないことがあるよ。
  2. 水を飲ませる:犬に十分な水を飲ませよう。水分をしっかりとることで、おなかの調子を整えられることがあるよ。
  3. 運動と休息:犬に適度な運動と休息を与えてあげよう。運動がおなかの調子を良くしてくれることがあります。

おなかのごろごろが続く場合、獣医さんに相談するのが一番安心です。

犬のアレルギーにかかる費用

検査代や薬代などの費用について

犬たちが元気で健康に過ごすためには、獣医さんのお手伝いが必要なことがあります。そのお手伝いには、いくつかの費用がかかります。それらの費用について、簡単に説明しましょう。

一つ目は「検査の費用」です。獣医さんは、犬たちの体を調べるためにさまざまな検査を行います。これには血液検査やレントゲン(X線)などが含まれます。検査を行うことで、獣医さんは犬たちの体の中に何か問題があるかどうかを確認します。

二つ目は「薬代」です。アレルギーの症状を軽減させるために、獣医さんは特別な薬を処方してくれることがあります。

①診察料

動物病院でかかる最初のお金が「診察料」です。これは、診察するための費用です。診察料は動物病院によって異なりますが、一般的には500円から2,000円ほどです。診察料は、初めて病院に行った場合と再診の場合で異なることがあります。再診の際、前回と同じ症状であれば、安い再診料が適用されることもあります。

相場

  • 初診料:1,000~1,499円(初めて来院する場合)
  • 再診料:500~2,000円(前回と同じ症状で来院した場合)

検査料

  • アレルギー検査費用(アレルゲン特異的IgE検査、リンパ球反応検査、アレルギー強度検査):4万~7万

検査の種類や範囲によって費用が異なりますので、具体的な検査が必要な場合、獣医さんに相談し、費用を確認しましょう。

スポンサーリンク

まとめ – やってよかったこと

犬のアレルギーについて学び、ケアすることは大切です。アレルギーの原因を見つけ、獣医さんと協力しながら、愛情と楽しい時間を犬と一緒に過ごしましょう。健康な犬たちと楽しい日々を大切にしよう。

病院だと検査費以外にももろもろかかってかなりの高額になるしわんちゃんへの負担にもつながるので

最後にセッピョルがやってよかったアレルギー検査をおススメします!!👇画像クリックでリンク飛びます

自宅でブラッシングして抜けた毛を容器に入れて送るだけなので簡単に出来ます!

あと食べているフードが合ってるのかと気になっているフードを見てもらえます

愛犬にも負担がかからず2週間から3週間くらいで結果が届きます。

メールで先にPDFで届いてそのあとに同じ結果が郵送で送られてきます

セッピョルの結果がこんな感じで項目がありすぎてびっくりしました💦

セッピョルが赤信号のが結構ドッグフードに含まれるものが多かったため食べれるドッグフードが中々なくあっても高額だった為これを機に手作り食に変えました!

手作り食と言っても炊飯器にぶち込むだけなんですが(笑)

ドッグフードは良くないものが沢山はいってるのでご飯についてと手作りのやり方など別で書きます(^▽^)/

次回をお楽しみに😊

コメント