犬用オムツで愛犬の快適さを守ろう!おむつ交換のコツとおすすめ商品をご紹介!

HOME

犬用オムツは、犬との生活を快適にするために役立つアイテムですが、どのように選び、使い、お手入れすればいいのでしょうか?この記事では、犬用オムツの必要性とメリット、選び方とおすすめ商品、おむつ交換のコツ、お手入れと保管のコツについて、詳しくご紹介します😊

スポンサーリンク

犬用オムツの必要性とメリット

犬用オムツが必要な場面とは?

犬用オムツは、犬のトイレの問題を解決するために使うものです。犬用オムツが必要な場面は、主に以下の5つです。

  • トイレトレーニング中の仔犬
  • 高齢犬や病気・怪我でおしっこやうんちをコントロールできない犬
  • メス犬の生理やオス犬のマーキング
  • お出かけやお留守番時のトイレ対策
  • カフェなどの利用時(着用必須なところが多い)

トイレトレーニング中の仔犬は、まだトイレの場所やタイミングを覚えていないので、家の中でおしっこやうんちをしてしまうことがあります。犬用オムツをつけることで、家の中を汚さずに済みますし、仔犬もオムツの不快感からトイレを覚える助けになります。

高齢犬や病気・怪我でおしっこやうんちをコントロールできない犬は、自分の意思とは関係なく、おしっこやうんちが出てしまうことがあります。犬用オムツをつけることで、犬の皮膚や毛を清潔に保つことができますし、犬も自分の体に恥ずかしさや不安を感じることが少なくなります。

メス犬の生理やオス犬のマーキングは、犬の本能的な行動ですが、人間にとっては困ったことです。メス犬の生理は、血液や分泌物が出ることで、家やベッドを汚してしまうことがあります。オス犬のマーキングは、自分の匂いを残すために、家の中や外で好きなところにおしっこをすることがあります。犬用オムツをつけることで、これらの問題を防ぐことができますし、犬も飼い主に叱られることが少なくなります。

お出かけやお留守番時のトイレ対策は、犬のトイレのタイミングが合わないときに必要です。お出かけ時は、犬がトイレに行きたくなっても、すぐに行ける場所がないことがあります。お留守番時は、犬がトイレに行きたくなっても、飼い主がいないので、家の中で我慢するか、我慢できずにすることがあります。犬用オムツをつけることで、犬のトイレの不安や苦痛を軽減することができますし、飼い主も安心してお出かけやお留守番をさせることができます。

最近、犬OKのカフェが増えてきてる中、店内利用時などマナーパンツ着用が必須になってきています。お店の中でトイレされてしまうと飼い主もお店も困りますよね!!
愛犬とお出かけする際には持ち歩いているといつでも愛犬とカフェ利用ができます。

以上のように、犬用オムツは、犬のトイレの問題を解決するために必要な場面がたくさんあります。では、犬用オムツにはどんなメリットがあるのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう👀

犬用オムツのメリットとは?

犬用オムツには、以下のようなメリットがあります。

  • 汚れや臭いを防ぐ
  • 皮膚トラブルや感染症を予防する
  • 飼い主と犬のストレスを軽減する
  • 犬との生活の質を向上させる

汚れや臭いを防ぐというのは、犬用オムツの一番のメリットです。犬用オムツは、犬のおしっこやうんちを吸収したり、固定したりすることで、家やベッド、ソファなどを汚さないようにします。また、犬用オムツは、犬のおしっこやうんちの臭いを抑える効果もあります。これによって、犬の周りの環境が清潔になりますし、飼い主も快適に過ごすことができます。

皮膚トラブルや感染症を予防するというのは、犬用オムツの大切なメリットです。犬用オムツは、犬のおしっこやうんちを素早く吸収したり、通気性の良い素材で作られたりすることで、犬の皮膚や毛を乾燥させたり、湿らせたりしません。また、犬用オムツは、犬のおしっこやうんちに含まれる細菌やウイルスを殺菌したり、防菌したりする効果もあります。これによって、犬の皮膚トラブルや感染症を予防することができますし、犬も健康になります。

飼い主と犬のストレスを軽減するというのは、犬用オムツの心理的なメリットです。犬用オムツは、犬のトイレの問題を解決することで、飼い主と犬の間に起こるトラブルやコンフリクトを減らします。例えば、犬が家の中でおしっこやうんちをしてしまったとき、飼い主は怒ったり、叱ったりすることがあります。しかし、これは犬にとっては理不尽なことで、犬は飼い主に対して恐怖や不信感を抱くことがあります。犬用オムツをつけることで、このようなことを防ぐことができますし、飼い主と犬の関係が良好になります。

犬との生活の質を向上させるというのは、犬用オムツの最大のメリットです。犬用オムツは、犬のトイレの問題を解決することで、犬との生活をもっと楽しく、もっと自由にすることができます。例えば、犬用オムツをつけることで、犬と一緒に長時間のお出かけや旅行ができるようになります。また、犬用オムツをつけることで、犬と一緒にベッドやソファでくつろぐことができるようになります。これによって、犬との絆や信頼が深まりますし、犬も幸せになります。

以上のように、犬用オムツには、たくさんの必要性とメリットがあります。しかし、犬用オムツを使うには、適切な選び方とおむつ交換のコツが必要です。では、どのように犬用オムツを選び、どのようにおむつ交換をするのでしょうか?
次の見出しで見ていきましょう😊

犬用オムツの選び方とおすすめ商品

犬用オムツの種類と特徴

犬用オムツには、いろいろな種類があります。それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。犬用オムツの種類は、主に以下の3つです。

  • パンツタイプ
  • バンドタイプ
  • パッドタイプ

パンツタイプ

  • メリット
    • 犬の下半身をすっぽり覆う形状で、おしっこやうんちをしっかりキャッチでき、病気や高齢で排泄のコントロールが難しい場合や、メスの生理ケアに適している
  • デメリット
    • 着脱がやや面倒で、長時間着けるとかぶれる可能性がある

バンドタイプ

  • メリット
    • 犬の腰に巻くだけで簡単に装着できる形状で、おしっこの前とびやマーキングを防ぐことができ、オスのおもらし対策や外出時のマナーに適している
  • デメリット
    • うんちをカバーできないので、排便対策には向かない

パッドタイプ

  • メリット
    • 犬用パンツやマナーベルトに装着する形状で、おしっこを吸収し、見た目がかわいく、コスパも良い
  • デメリット
    • パンツやマナーベルトと合わせて購入する必要があり(洗えるオムツだけで吸収してくれるものもあり)

以上が、犬用オムツの種類と特徴です。犬用オムツを選ぶときは、犬のサイズや性別、トイレの状況などに合わせて、最適なものを選ぶことが大切です。では、どのように犬用オムツのサイズを測るのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう👀

犬用オムツのサイズの測り方と適応サイズ表

犬用オムツのサイズは、犬のウエスト、足回り、体重などによって決まります。犬用オムツのサイズを測るときは、以下のようにします。

  • ウエストの測り方
    • 犬のお腹の一番細い部分を、メジャーでまっすぐに測ります。
    • 測るときは、犬の毛を押さえたり、メジャーを引っ張ったりしないようにします。
    • 測った数値に、2~3cmほど余裕をもたせます。
  • 足回りの測り方
    • 犬の足の付け根の部分を、メジャーでまっすぐに測ります。
    • 測るときは、犬の毛を押さえたり、メジャーを引っ張ったりしないようにします。
    • 測った数値に、1~2cmほど余をもたせます。
  • 体重の測り方
    • 犬の体重は、体重計で測ります。
    • 測るときは、犬が体重計の上にしっかりと乗っていることを確認します。
    • 測った数値は、そのまま記録します。
    • 以上が、犬用オムツのサイズの測り方です。犬用オムツのサイズを測ったら、適応サイズ表を見て、最適なサイズのオムツを選びます。適応サイズ表は、犬用オムツの商品によって異なりますので、必ず確認してください。適応サイズ表の例は、以下のようになります。
サイズウエスト足回り体重犬種の例
S20~30cm8~15cm2kg以下チワワ、トイプードルなど
M30~40cm15~20cm2~5kgポメラニアン、ヨークシャテリアなど
L40~50cm20~25cm5~10kgシーズー、ミニチュアダックスなど
XL50~60cm25~30cm10~15kgビーグル、コーギーなど
XXL60~70cm30~35cm15~20kgシェパード、ラブラドールなど
以上が、犬用オムツのサイズの測り方と適応サイズ表です。犬用オムツのサイズを選ぶときは、犬の快適さや安全さを考えて、ぴったりとフィットするものを選ぶことが大切です。
では、どのように犬用オムツのおすすめ商品を選ぶのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう😊

犬用オムツのおすすめ商品と口コミ

犬用オムツのおすすめ商品は、犬のサイズや性別、トイレの状況などによって異なります。しかし、一般的には、以下のようなポイントに注意して、犬用オムツのおすすめ商品を選ぶことができます。

  • 犬のおしっこやうんちの吸収力が高いこと
  • 犬の皮膚にやさしい素材でできていること
  • 犬の動きに合わせて伸縮すること
  • 犬の体型に合わせてサイズ調整ができること
  • 犬のおしっこやうんちの臭いを抑える効果があること
  • 犬のおしっこやうんちの漏れを防ぐ構造になっていること
  • 犬の性別や用途に合わせてデザインや色が選べること

以上のようなポイントに注意して、犬用オムツのおすすめ商品を選ぶと、犬も飼い主も満足できると思います。では、具体的にどのような商品がおすすめなのでしょうか?ここでは、犬用オムツの種類別に、おすすめ商品をご紹介します。また、実際に使ってみた人の口コミも紹介します。口コミは、インターネットで集めたものですので、参考程度にしてください。

パンツタイプオムツのおすすめ商品

商品名:ドギーマン ジーンズ風パンツ ペット用 Sサイズ 18枚入

  • 特徴:高吸収ポリマーと通気性の良い不織布でできており、犬のおしっこやうんちをしっかり吸収し、皮膚を乾燥させません。また、テープは繰り返し貼り直しができるので、サイズ調整が簡単です。さらに、おしっこやうんちの臭いを抑える効果もあります。
  • 口コミ:「愛犬のこれは介護になってから、たくさんの長時間用おむつ、それ以外使いましたが、漏れずに調整しやすくピカイチです。ずっとリピートしている商品。
    おむつの中でも高額でもなく、何かあったらの為に、多過ぎず試したのをきっかけに最高でした。」
  • 価格:1,376円(税込)(Sサイズ 18枚入)
  • 購入先:こちら
バンドタイプ:マーキング防止用に

商品名:ペティオ エチケットウエ

特徴:犬の腰に巻くだけで簡単に装着できるバンドタイプのオムツです。おしっこの前とびやマーキングを防ぎます。高吸収ポリマーと通気性の良い不織布でできており、犬のおしっこをしっかり吸収し、皮膚を乾燥させません。また、テープは繰り返し貼り直しができるので、サイズ調整が簡単です。さらに、おしっこの臭いを抑える効果もあります。

口コミ:「マーキングがひどくて困っていましたが、これをつけると全くしなくなりました。サイズもぴったりで、犬も嫌がらずにつけてくれます。お出かけ時にも便利です。」

価格:2,469円(税込)(SSサイズ 48枚入)

購入先:こちら

パッドタイプ:リーズナブルなアイテムがほしい人や見た目もかわいくしたいときに

商品名:ペティオ zuttone 犬用オムツ

  • 特徴:犬用パンツやマナーベルトに装着して使うパッド型のオムツです。紙製で使い捨てなので、衛生的でコスパも良いです。また、おしっこやうんちの臭いを抑える効果もあります。パッドの色が変わるお知らせサインも付いているので、交換のタイミングが分かりやすいです。
  • 口コミ:「犬用パンツに入れて使っています。おしっこを吸収してくれるので、パンツが汚れなくて助かります。お知らせサインも便利です。」
  • 価格:822円(税込)(Sサイズ 30枚入り)
  • 購入先:こちら
洗えるオムツ:お出かけ時やドッグカフェなどでのマナーとして使いたいときに

商品名:SHEIN 3枚セット犬用おむつ

(柄はランダム)

  • 特徴:付けやすいタイプのタイプの洗えるオムツです。布製で洗えるので、繰り返し使えて経済的で吸収してくれるので漏れも安心。おしゃれなデザインや色が豊富で、ファッション性も高いです。
  • 口コミ:「ドッグカフェに行くときに使っています。かわいいデザインで、犬も嫌がりません。うんちも外に出るから汚くならないのでよかったです」
  • 価格:958円から(税込)(XSサイズから)
  • 購入先:こちら

    うちで愛用中のオムツも洗えるオムツです!!
    もともとは普通のオムツを愛用していたのですがお金がかかるしなんといってもセッピョルがオムツを気にするようになってからカジカジと破るようになってしまって履いてるときにボロボロになっていたのでなんかないのかと思って探したのが洗えるオムツでした!!
    洗濯機で洗えるし3,4個持っていれば使いまわしきくのでめっちゃいいです!!
    犬用オムツを使うときは、犬の快適さや安全さを考えて、適切なサイズや素材、形状を選ぶことが大切で、こまめに交換やお手入れをすることも忘れないでください。
    犬用オムツを使って、犬との生活をもっと楽しく、もっと自由にしましょう😊

犬用オムツのおむつ交換のコツ

犬用オムツの交換頻度と目安

犬用オムツを使うときは、こまめに交換することが大切です。犬用オムツの交換頻度と目安は、以下のようになります。

  • 交換頻度
    • 一日に何回交換するべきかは、犬のトイレの回数や量によって異なりますが、一般的には、3~4時間ごとに交換することがおすすめです。
    • ただし、犬がおしっこやうんちをしたら、すぐに交換することが必要です。おしっこやうんちがオムツに残っていると、犬の皮膚や毛にダメージを与えたり、臭いや菌の繁殖を招いたりするからです。
  • 交換の目安
    • 犬用オムツの交換のタイミングは、犬の様子やオムツの状態で判断することができます。
    • 犬の様子としては、犬がオムツをはがそうとしたり、オムツの部分を舐めたり、不快そうにしたりするときは、交換のサインです。
    • オムツの状態としては、オムツの色が変わったり、オムツが重くなったり、オムツがふくらんだりするときは、交換のサインです。

以上が、犬用オムツの交換頻度と目安です。犬用オムツの交換を怠ると、犬の健康や快適さに影響が出る可能性がありますので、注意してください。では、どのように犬用オムツの交換方法と注意点を説明するのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう😊

犬用オムツの交換方法と注意点

犬用オムツの交換方法と注意点は、以下のようになります。

  • 交換の準備と手順
    • 交換の準備としては、新しいオムツとゴミ袋、ティッシュやウェットティッシュ、消毒液などを用意します。
    • 交換の手順としては、以下のようにします。
      • 犬を安定した場所に寝かせます。犬が暴れたり噛んだりしないように、声かけやおやつでなだめます。
      • 古いオムツを外します。テープ式の場合は、テープをはがします。パンツ式の場合は、犬の足を抜きます。マナーウェアの場合は、ベルトを外します。
      • 古いオムツをゴミ袋に入れて、しっかりと閉じます。
      • 犬のお腹や足の付け根など、オムツに触れていた部分を、ティッシュやウェットティッシュで拭きます。汚れがひどい場合は、消毒液で拭きます。
      • 新しいオムツをつけます。テープ式の場合は、テープで止めます。パンツ式の場合は、犬の足を通します。マナーウェアの場合は、ベルトで止めます。
      • 犬のオムツがぴったりとフィットしていることを確認します。犬の足に食い込んだり、オムツがずれたりしないようにします。
      • 犬にほめてやります。おやつをあげると、犬はオムツ交換に慣れやすくなります
  • 交換時の清潔と消毒
    • 交換時の清潔と消毒としては、以下のようにします。
      • 交換する場所は、清潔で広いところを選びます。汚れたオムツやティッシュなどが散らばらないようにします。
      • 交換する前と後に、自分の手を洗います。また、犬の手や足も洗うと、犬の衛生に良いです。
      • 交換するときに、犬のお腹や足の付け根などに傷やかぶれがないか確認します。もし、傷やかぶれがあったら、消毒液で拭いて、獣医に相談します。
      • 交換した後に、犬のお腹や足の付け根などに保湿クリームやワセリンなどを塗ってあげると、犬の皮膚を保護することができます。
  • 交換時の声かけとほめ方
    • 交換時の声かけとほめ方としては、以下のようにします。
      • 交換するときに、犬に優しく声をかけます。犬の名前を呼んだり、オムツ交換の理由や手順を説明したりします。これによって、犬は安心感や信頼感を感じます。
      • 交換が終わったら、犬にほめてやります。笑顔で「えらいね」「よくできたね」などと言ったり、頭や背中をなでたりします。おやつをあげると、犬はオムツ交換に協力的になります。
      • 交換中に、犬が暴れたり噛んだりしたら、叱らないでください。犬はオムツ交換が嫌なのかもしれません。その場合は、犬の気持ちを理解してあげて、オムツ交換が犬のためになることを教えてあげてください。
  • 交換時のトラブルと対処法
    • 交換時のトラブルと対処法としては、以下のようになります。
      • 犬がオムツをはがそうとするときは、犬の注意をそらすか、オムツをはがせないようにします。犬のおもちゃやおやつで犬の注意をそらしたり、オムツにカバーをつけたり、オムツのテープを強化したりします。
      • 犬がオムツを噛んだり食べたりするときは、犬の口からオムツを取り出すか、獣医に連絡します。犬がオムツを噛
      • だり食べたりすると、消化器系に異物が詰まったり、内臓に穴があいたりする危険があります。
      • 犬がオムツを着けるのを拒否するときは、犬にオムツを着けるメリットを教えてあげます。犬にオムツを着けると、家の中が汚れないし、飼い主さんも喜ぶし、お散歩にも行けるということを伝えます。また、オムツを着けたら、おやつやおもちゃをあげて、オムツを着けることに慣れさせます。
      • 以上が、犬用オムツの交換方法と注意点です。犬用オムツの交換を怠ると、犬の健康や快適さに影響が出る可能性がありますので、注意してください。では、どのように犬用オムツのおすすめ商品を選ぶのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう。😊

犬用オムツのお手入れと保管のコツ

犬用オムツの洗濯と乾燥の方法

犬用オムツの洗濯と乾燥の方法は、以下のようになります。

  • 洗濯の方法
    • 洗濯する前に、犬用オムツについたおしっこやうんちをティッシュで拭き取ります。
    • 洗濯機で洗う場合は、犬用オムツを洗濯ネットに入れて、弱水流で洗います。洗剤は、犬の皮膚にやさしいものを選びます。漂白剤や柔軟剤は使わないでください。
    • 手洗いする場合は、ぬるま湯に洗剤を溶かして、犬用オムツをやさしくもみ洗いします。汚れがひどい場合は、ブラシや歯ブラシでこすります。すすぎは、2~3回行います。
  • 乾燥の方法
    • 乾燥機で乾かす場合は、低温で乾かします。高温で乾かすと、犬用オムツが縮んだり、傷んだりする可能性があります。
    • 天日干しする場合は、直射日光を避けて、陰干しします。直射日光に当てると、犬用オムツの色があせたり、素材が劣化したりする可能性があります。
    • 乾燥が終わったら、犬用オムツをたたんで、清潔な場所に保管します。

以上が、犬用オムツの洗濯と乾燥の方法です。犬用オムツの洗濯と乾燥を怠ると、犬の健康や快適さに影響が出る可能性がありますので、注意してください。では、どのように犬用オムツの保管方法と期限を説明するのでしょうか?次の見出しで見ていきましょう😊

犬用オムツの保管方法と期限

犬用オムツの保管方法と期限は、以下のようになります。

  • 保管方法
    • 犬用オムツは、湿気やほこり、虫などが入らないように、密閉できる容器や袋に入れて、保管します。また、直射日光や高温多湿の場所を避けて、涼しいところに保管します。
    • 犬用オムツは、犬の手の届かないところに保管します。犬がオムツを噛んだり食べたりすると、危険です。
    • 犬用オムツは、使い捨てのものと洗えるものとで、別々に保管します。混ぜて保管すると、衛生的ではありません。
  • 期限
    • 犬用オムツは、購入した日から、1年以内に使い切ることがおすすめです。1年を過ぎると、犬用オムツの吸収力や防漏性が低下したり、カビや菌が発生したりする可能性があります。
    • 犬用オムツは、開封したら、早めに使い切ることがおすすめです。開封したら、湿気やほこり、虫などが入りやすくなります。
    • 犬用オムツは、使用期限や消費期限が記載されている場合は、それに従って使います。使用期限や消費期限が過ぎたら、犬用オムツを使わないでください。

以上が、犬用オムツの保管方法と期限です。犬用オムツの保管方法と期限を守ることで、犬用オムツの品質や効果を保つことができます。犬用オムツを使うときは、必ず確認してください😊

スポンサーリンク

犬用オムツのまとめ

犬用オムツは、犬のトイレの問題を解決することで、犬との生活をもっと楽しく、もっと自由にすることができる便利なアイテムです。しかし、犬用オムツを使うには、適切な選び方とおむつ交換のコツが必要です。また、犬用オムツのお手入れと保管のコツも忘れないでください。犬用オムツを正しく使うことで、犬の健康や快適さを守ることができます。

この記事では、犬用オムツの必要性とメリット、選び方とおすすめ商品、おむつ交換のコツ、お手入れと保管のコツについて、詳しくご紹介しました。犬用オムツに興味がある方や、犬用オムツを使っている方は、ぜひ参考にしてみてください。犬用オムツを使って、犬との生活をもっと楽しく、もっと自由にしましょう。😊

以上で、この記事は終わりです。最後までお読みいただき、ありがとうございました🙏

コメント