犬のシャンプーで失敗しないためのコツとおすすめランキング【2024年最新版】

HOME

犬用シャンプーの選び方や使い方について、犬の肌や被毛の状態に合わせて、最適なシャンプーを選んであげましょう。また、シャンプーの前後の準備や手順にも注意が必要です。犬用シャンプーの種類や機能、口コミなどを紹介します🐶

スポンサーリンク

犬用シャンプーの選び方🐶

犬のシャンプーは、人間のシャンプーとは違います。犬のシャンプーを選ぶときは、被毛タイプ肌質目的価格に注意しましょう。

被毛タイプに合わせる🐕

※わんちゃんの被毛について書かれた記事がこちらのhttps://www.petline.co.jp/note/dog/grooming/000109/に詳しくかかれてます!

犬の被毛タイプは、大きく分けて短毛犬長毛犬中毛犬の3つです。それぞれに合ったシャンプーを使うことが大切です。

  • 短毛犬は、毛が短くて硬い犬です。例えば、柴犬やフレンチブルドッグなどです。短毛犬は、皮脂が多く、汚れや臭いがつきやすいです。そのため、洗浄力が高いシャンプーがおすすめです👍
  • 長毛犬は、毛が長くてふわふわした犬です。例えば、プードルやシーズーなどです。長毛犬は、毛が絡まりやすく、毛玉や抜け毛が多いです。そのため、毛をやわらかくするシャンプーがおすすめです👌
  • 中毛犬は、毛が中くらいの長さで、下毛が多い犬です。例えば、ゴールデンレトリバーやボーダーコリーなどです。中毛犬は、下毛が抜けやすく、毛がぺたんとなりやすいです。そのため、下毛を取り除き、毛をふんわりさせるシャンプーがおすすめです😊

肌質に合わせる🐩

犬の肌は、人間の肌よりも弱酸性です。そのため、人間用のシャンプーは、犬の肌に合わないことが多いです。犬の肌質に合わせたシャンプーを使うことが大切です。

  • 敏感肌は、肌が弱くて、かゆみやかぶれが起きやすいです。そのため、刺激の少ない低刺激や無添加のシャンプーがおすすめです✨
  • アレルギー体質は、特定の物質に対して、過剰に反応してしまうです。そのため、アレルゲンを含まないハイポアレルゲニックなシャンプーがおすすめです😁
  • 皮膚トラブルは、皮膚に炎症や感染が起きているです。そのため、獣医師の処方や指示に従って薬用シャンプーを使うことがおすすめです😷

目的に合わせる🐾

犬のシャンプーには、様々な目的があります。犬のシャンプーの目的に合わせたシャンプーを使うことが大切です。

  • ノンシリコンシャンプーは、毛にコーティングをして、つややかに見せる効果があるシリコンを含まないシャンプーです。シリコンは、毛に残りやすく、毛穴をふさぐことがあります。そのため、毛の健康を重視する場合は、ノンシリコンシャンプーがおすすめです🌟
  • オーガニックシャンプーは、化学肥料や農薬を使わないで作られたオーガニックの植物やハーブなどを使って作られているシャンプーです。オーガニックシャンプーは、自然にやさしく、肌に優しいシャンプーです。オーガニックが好きな犬や、環境に配慮したい場合は、オーガニックシャンプーがおすすめです🌱

価格に合わせる💰

犬のシャンプーは、価格によっても品質や効果が違います。犬のシャンプーの価格に合わせたシャンプーを使うことが大切です。

  • 安いシャンプーは、洗浄力が高く、汚れを落とすのに便利です。しかし、安いシャンプーは、刺激が強かったり、成分が良くなかったりすることがあります。そのため、肌が強い犬や、頻繁にシャンプーする場合におすすめです✨
  • 高いシャンプーは、洗浄力が低く、汚れを落とすのに時間がかかることがあります。しかし、高いシャンプーは、刺激が少なかったり、成分が良かったりすることがあります。そのため、肌が弱い犬や、毛のケアをしたい場合におすすめです💎

以上が、犬用シャンプーの選び方のポイントです。この記事を参考にして、あなたの愛犬にぴったりのシャンプーを見つけてください。🐕‍🦺

犬用シャンプーのおすすめ人気ランキング【2024年最新版】🏆

犬のシャンプーは、たくさんの種類があります。どれを選んだらいいか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、犬の被毛タイプや肌質、目的に合わせて、おすすめのシャンプーをランキング形式でご紹介します。これは、2024年最新版のランキングです。

1位:APDC ティーツリーシャンプー&コンディショナー🥇


  • 被毛タイプ:全犬種用
  • 肌質:敏感肌・アレルギー体質用
  • 目的:殺菌・消臭・保湿
  • 価格:高い
  • 特徴:ティーツリーオイルとアロエベラエキスを配合した、天然成分のシャンプーです。ティーツリーオイルは、殺菌や消臭の効果があります。アロエベラエキスは、保湿や肌荒れの予防の効果があります。シャンプーとコンディショナーが一緒になっているので、手間がかかりません。敏感肌やアレルギー体質の犬におすすめです。
  • 口コミ

うちの犬、皮膚炎がひどくて、いろんなシャンプー試したけどこれが一番効いた。かゆみや赤みがなくなって、毛もふわふわになった!

プードルの毛がパサパサで、毛玉もできやすかったんだけどこれ使ってから、毛がサラサラになったわよ。毛玉もできにくくなったからとってもいいわ

犬のシャンプーは、香りがいいのがいいと思ってこれ選んだんだけど実際はピクニックって名前に惹かれたんだ。洗った後の犬の香りがめっちゃいいよ。

ふわツヤタイプ買ったよ。普段もティーツリーシリーズでブラッシングしてるから、その香りと同じコンディショナーだったから、うちの子も気持ちよさそうだった! それに、皮膚が強いってわけじゃないから、しっかり洗い流したけどそれでもすごくフワフワになって、ドライヤーしてて嬉しくなったよ。次回もこれにしよ!

  • 評価:★★★★★

2位:ラファンシーズ トリートメントシャンプー NK-12🥈


  • 被毛タイプ:長毛犬用
  • 肌質:普通
  • 目的:毛のケア・ツヤ・コシ
  • 価格:高い
  • 特徴:ナノケラチンとヒアルロン酸を配合した、高品質のシャンプーです。ナノケラチンは、毛に浸透して、ダメージを補修します。ヒアルロン酸は、毛に水分を与えて、ツヤやコシを出します。長毛犬の毛のケアにおすすめです。
  • 口コミ

うちのコーギーはずっとこのシャンプー使ってるんだ。ふんわり感がすごくて、毛並みもきれいになるし、香りもきつくなくて肌にも優しいみたいだよ。

プードルの毛がパサパサで、毛玉もできやすかったんだけど、これ使ってから毛がサラサラになったのよ。毛玉もできにくくなったし、トリートメントも一緒に使ってるから仕上がりも最高なのよねー

犬のシャンプーは、仕上がりがいいのがいいと思って、これ選んだんだら被毛を根本から立ち上げて、ボリュームアップするんだって!洗った後の犬の毛がふわふわで気持ちいいよ。

毎日シャンプーするのは良くないかもしれないけど、足の裏が真っ黒になるから洗わないわけにもいかないんだよな。肌に優しいシャンプーがないかと探して、これにたどりついたんだけど足の裏からやや上までを毎日洗ってるけど全く問題ないし、その後にブラッシュアップコンディショナーをスプレーして乾かすと、リンスをしなくてもフワフワになるよ。

  • 評価:★★★★☆

3位:フジタ製薬 薬用酢酸クロルヘキシジンシャンプー🥉


  • 被毛タイプ:全犬種用
  • 肌質:皮膚トラブル用
  • 目的:洗浄・殺菌・消臭
  • 価格:安い
  • 特徴:酢酸クロルヘキシジンという成分を含んだ、薬用シャンプーです。酢酸クロルヘキシジンは、皮膚や被毛の洗浄や殺菌に効果があります。皮膚病やダニなどの皮膚トラブルにおすすめです。獣医師の処方や指示に従って使用することが必要です。
  • 口コミ

皮膚病がひどくて、獣医さんに処方されたのがこれだったんだけど使ってみたら、かゆみや赤みがなくなって、臭いも消えたのよね!毛もふわふわになったし、犬も気に入ってるみたい。

うちの犬、ダニにやられて、皮膚が荒れてたんだけど獣医さんに勧められて、これ使ってみたら、ダニが減って皮膚もきれいになったよ。毛もツヤツヤになったし、臭いもなくなったよ。

セッピョル
セッピョル

痒がってたから口コミ見てよさそうだったから先生にも相談してこれ使ってみたら痒みも少しずつなくなってきてそうだし毛もサラサラになって、ツヤも出たよ。香りも無臭に近くて、自然な感じだったよ~

犬のシャンプーは、安全なのがいいと思って、これ選んだんだけど無添加で刺激も少ないって書いてあって、使ってみたら泡立ちが悪くて洗いにくかったわ。

  • 評価:★★★☆☆

うちでも愛用中です✨

4位:自然流 全犬種用シャンプー


  • 被毛タイプ:全犬種用
  • 肌質:普通
  • 目的:汚れ落とし・保湿
  • 価格:安い
  • 特徴:天然由来の成分で作られた、自然派のシャンプーです。ココナッツオイルやホホバオイルなどの植物油が、汚れを落としつつ、保湿します。合成香料や着色料などの添加物は一切使われていません。どんな犬種でも使える汎用性の高いシャンプーです。
  • 口コミ

うちの柴犬は体臭が強くて、いろんなシャンプー試したけど、どれも効果がなかったんのよ。でも、これ使ってから体臭が消えて、毛もふわふわになったわよ。天然の成分で作られてるから、肌にも優しいし泡立ちもいいし、すすぎも楽だった!

犬のシャンプーは、仕上がりがいいのがいいと思って、これ選んだんだ。洗った後の犬の毛がふわふわで気持ちいいし香りも無臭に近くて、自然な感じだったよ。

うちの犬、毛がふわふわになって、臭いもなくなったわよ。天然の成分で作られてるから、肌にも優しいみたいね

オールインワンタイプでリンスもいらないから、手軽に洗えると思ったんだけど使ってみたら、すすぎに時間がかかって犬がイライラしてたな

  • 評価:★★★☆☆

5位:ピクニックシャンプー B (オイリースキン)


  • 被毛タイプ:全犬種用
  • 肌質:オイリースキン用
  • 目的:洗浄・皮脂コントロール・消臭
  • 価格:安い
  • 特徴:酢酸クロルヘキシジンという成分を含んだ、薬用シャンプーです。酢酸クロルヘキシジンは、皮膚や被毛の洗浄や殺菌に効果があります。オイリースキンの犬におすすめです。獣医師の処方や指示に従って使用することが必要です。
  • 口コミ

いろんなシャンプー使ってみたけど、やっぱりこれが一番だと思ったよ!300mlも入ってるし、肌にも優しいし、最高だよね。これからもずっとこれ買って使おうと思ってるよ。

わんこ用のシャンプーで、刺激が少ないやつだよ。香りもオシャレでいい感じだよ。ただ、3〜5倍に薄めて泡立てないといけないから、ちょっとめんどくさいけどな。でも、洗ったあとは毛がふわふわになるから、それは良かったよ。香りは洗ってるときだけで、乾いたら消えちゃうけどな。

刺激が少ないのに、泡立ちもいいし、汚れもしっかり落とせるんだよね。うちの子、肌が弱いから心配だったんだけど、使ったあとの肌も大丈夫だったよ。すごく満足してるよ。

洗浄力が強めだから少し心配だな。

  • 評価:★★★☆☆

あなたの愛犬にぴったりのシャンプーを見つけてください🐶

🐶犬用シャンプーの選び方のポイント🐶

犬用シャンプーは、愛犬の肌や被毛の状態に合わせて選ぶことが大切です。刺激による皮膚トラブルを防ぐためにも、以下の4つのポイントに注意してください。

1.🎯目的に合った種類を選ぶ🎯

犬用シャンプーには、薬用シャンプー・無水シャンプー・美容シャンプーの3種類があります。薬用シャンプーは、皮膚病やアレルギーなどの症状を改善するために使用します。無水シャンプーは、水を使わずに汚れを落とすことができるので、水を嫌がる犬や寒い季節に便利です。美容シャンプーは、毛並みや毛色を美しくするために使用します。

2.👍肌が弱い犬の場合は刺激の少ないものを選ぶ👍

肌が弱い犬や乾燥肌の犬、子犬、老犬などは、低刺激のシャンプーを使用しましょう。基本は弱酸性で無着色、無香料がおすすめです。アミノ酸系のシャンプーやハーブなど天然由来成分を配合しているものは刺激が少ないので、敏感肌の犬にも使用できます。

3.💦水を嫌がる場合は泡切れのよいものやリンス入りのものを選ぶ💦

水を嫌がる犬の場合は、シャンプーの時間を短くすることがストレス軽減につながります。そのためには、泡立ちや泡切れがよいシャンプーを選ぶのがおすすめです。泡立ちがよいと洗浄力が高まり、泡切れがよいとすすぎやすくなります。また、リンス入りのシャンプーなら、シャンプーとリンスの工程を一度に済ませることができます。

4.🌟商品ごとの独自機能にも注目する🌟

犬用シャンプーには、商品ごとに独自の機能があるものもあります。例えば、ノミダニ予防のシャンプーは、駆虫成分が入っていてノミダニを予防する効果があります。ホワイトニングシャンプーは、白い被毛の犬に使用すると白さを維持する効果があります。犬種別のシャンプーは、毛質や毛量に合わせて最適な成分や香りが配合されています。

以上が、犬用シャンプーの選び方のポイントです。愛犬の肌や被毛の状態を見て、最適なシャンプーを選んであげましょう🐾

🐶犬用シャンプーの使い方🐶

犬用シャンプーは、愛犬の被毛や皮膚の状態に合わせて適切な頻度と方法で行うことが大切です。犬のシャンプーのやり方とコツを以下でご紹介します。

1.シャンプーの前の準備
  • 犬の体に触れることに慣らすために、ブラッシングやボディコントロールをしておく
  • 犬用シャンプー・リンス・タオル・ドライヤーなど必要な道具を用意する
  • 犬をお風呂場に連れて行って、おやつや声かけでリラックスさせる
  • お湯の温度は35~38℃に調整する
2.シャンプーの手順
  • 全身をお湯で濡らす(顔・頭は最後にする)
  • シャンプーを泡立てて、胴体・足・お尻・顔・頭の順に洗う
  • 目や耳に水やシャンプーが入らないように注意する
  • 全身をお湯でしっかりすすぐ
  • リンスをつけて、被毛のもつれをほぐす
  • リンスをお湯でしっかりすすぐ
3.シャンプーの後のケア
  • タオルで水分を拭き取る
  • ドライヤーで被毛を乾かす(音に慣れさせておく)
  • ブラッシングや爪切りなどのお手入れをする
  • おやつや声かけで褒める

愛犬の健康と美容のために、適切なシャンプーをしてあげましょう🐾

犬用シャンプーの頻度

  • 短毛犬:週に1回~2回
  • 長毛犬:週に2回~3回
  • 敏感肌・アレルギー体質:獣医師の指示に従う
スポンサーリンク

まとめ

犬用シャンプーは、犬の健康や美容にとってとても大切なものです🐶
しかし、犬用シャンプーを選んだり使ったりするのは、意外と難しいこともあります😓
そこで、この記事では、犬用シャンプーの選び方や使い方について、わかりやすくご紹介しました😊
犬用シャンプーの選び方は、被毛タイプや肌質、目的や価格などに合わせて、最適なものを選ぶことがポイントです。🐕🐩🐾💰
また、犬用シャンプーのおすすめ人気ランキングでは、2024年最新版の5つの商品もご紹介しました🏆
これらの商品は、それぞれに特徴やメリット、デメリットがありますので、犬の状態やニーズに応じて、選んでください👍
そして、犬用シャンプーの使い方は、シャンプーの前後の準備や手順、ケアなどに注意することが大切です👌
シャンプーをするときは、犬が怖がらないように、優しく声をかけたり、なでたりしてあげましょう🥰
また、シャンプーの頻度は、犬の種類や環境によって異なりますが、月に1回から2回程度が目安です🛁
シャンプーしすぎると、犬の肌や被毛にダメージを与えることがありますので、気をつけてください😥
この記事を読んで、犬用シャンプーについて、少しでも理解が深まったら嬉しいです。🙏
犬用シャンプーを上手に使って、犬との生活をもっと楽しみましょう。🐶

コメント