“愛犬の痒みを和らげる!効果的なサプリメントの選び方とは?”

HOME

こんばんは、みなさん😆わんちゃんの痒みで困ってる人、いませんか? わんちゃんがかゆそうにしてると、飼い主もつらいですよね🥲
大切な愛犬が、痒がってばかりいると、飼い主としては心配ですよね。
痒みは、わんちゃんのさまざまな病気や不快感の原因となるため、早めに原因を突き止め、適切な治療や対策を行うことが大切です。
今日は、わんちゃんの痒みをラクにするサプリの選び方を教えちゃいます!!

スポンサーリンク

なぜ犬は痒がるの?

犬のかゆみの主な原因は、以下の3つです。

  1. 寄生虫
  2. アレルギー
  3. 感染症

寄生虫

ノミやダニ、マダニなどの寄生虫が皮膚に寄生すると、かゆみを引き起こします。特にノミは、唾液に含まれるアレルギー物質が原因で、強いかゆみを引き起こすことがあります。

アレルギー

犬は、ノミやダニ、花粉、食べ物など、さまざまなアレルギーの原因物質に反応することがあります。アレルギー性皮膚炎を発症すると、赤み、かゆみ、フケなどの症状が現れます。

感染症

細菌や真菌(カビ)などの感染症も、かゆみの原因となります。膿皮症やマラセチア皮膚炎などの感染症では、皮膚に炎症やかゆみ、脱毛などの症状が現れます。

愛犬がかゆがっている場合は、まずは動物病院を受診して、原因を診断してもらいましょう。

原因が寄生虫の場合は、ノミ・ダニ駆除薬やマダニ駆除薬を投与します。アレルギーの場合は、原因物質を特定して、アレルギーの原因物質を避けるようにしたり、アレルギー治療(減感作療法など)を行うことで、かゆみを抑えることができます。感染症の場合は、抗生物質や抗真菌薬などの投与で、かゆみや炎症を抑えます。

また、かゆみを悪化させる要因を避けることも大切です。

例えば、ノミやダニの寄生を防ぐために、定期的にノミ・ダニ駆除薬を投与しましょう。また、アレルギーの原因物質を避けるために、室内の掃除をこまめに行う、花粉の時期は外出を控えるなどの対策も有効です。

愛犬のかゆみは、飼い主の適切なケアと治療で、改善することができます。

まず、犬が痒がる原因を理解することが大切です。痒みの原因はさまざまで、皮膚の乾燥、アレルギー、寄生虫、食事の問題などが考えられます。これらの問題を解決するためには、適切なサプリメントの選択が重要となります。

サプリメントの役割と選び方

わんちゃんの健康を守るには、サプリの選び方を知っておくといいですよ😊
サプリは、わんちゃんに必要な栄養や成分をあげて、健康をサポートしてくれるんです。ここでは、痒みをラクにするサプリの選び方を教えますね。

1.成分をチェックする

わんちゃんの痒みをラクにする成分には、オメガ3脂肪酸や亜鉛とかがあります。これらの成分が入ってるサプリは、皮膚や毛の健康にいいし、痒みも減らしてくれます。

2.品質と信頼性を見る

サプリは、信頼できるブランドやメーカーから買うと安心です。品質のいい製品は、成分の安定性や安全性を保証してくれます。製品のレビューや評判を見て、信頼性の高い製品を選んでください。

3.獣医さんの助言を活用する

わんちゃんの健康状態は、個々によって違います。獣医さんに相談して、わんちゃんに合ったサプリを選ぶアドバイスをもらうといいですよ。獣医さんは、わんちゃんの健康状態やニーズに合わせて、適切なサプリをおすすめしてくれます。

これらのポイントを覚えておけば、わんちゃんの痒みをラクにする効果的なサプリを選ぶのに役立ちます。成分をチェックして、品質と信頼性を見て、獣医さんの助言を活用して、わんちゃんの健康をサポートするサプリを選んでくださいね。

サプリメントの注意点とおススメのサプリメント

サプリメントの成分や効果をよく理解する

サプリメントには、いろいろな成分が入っています。それぞれの成分がどんな効果や副作用があるのか、しっかり理解してから、愛犬に合ったサプリメントを選びましょう。

獣医師に相談してから利用する

サプリメントは、薬と違って、安全だと保証されているわけではありません。愛犬の体調や病気のことを考えて、獣医師に相談してから利用しましょう。

使用上の注意を守って利用する

サプリメントには、使用上の注意が書いてあります。使用上の注意を守って、正しい量や方法で利用しましょう。

複数のサプリメントを併用する場合は、成分の相互作用に注意する

複数のサプリメントを一緒に使う場合は、成分の相互作用に気をつけないといけません。併用することで、予想外の副作用が起こるかもしれません。

具体的な注意点

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸は、皮膚の炎症を抑える効果がある成分ですが、多く摂りすぎると、吐いたり下痢したりする副作用が起こるかもしれません。

ビタミンA

ビタミンAは、皮膚の再生を促す効果がある成分ですが、多く摂りすぎると、肝臓に悪影響を与える副作用が起こるかもしれません。

ビタミンE

ビタミンEは、皮膚の酸化を防ぐ効果がある成分ですが、多く摂りすぎると、血液が固まりにくくなる副作用が起こるかもしれません。

亜鉛

亜鉛は、皮膚の細胞分裂を促す効果がある成分ですが、多く摂りすぎると、銅が不足する副作用が起こるかもしれません。

グルコサミン

グルコサミンは、関節の健康をサポートすることで、皮膚の炎症を抑える効果がある成分ですが、多く摂りすぎると、胃や腸に負担をかける副作用が起こるかもしれません。

犬の皮膚に関するサプリメントは、補助的な役割しか果たせません。サプリメントだけで皮膚のトラブルを完全に治すことはできません。必要なときは、獣医師の治療を受けるようにしましょう。

おススメのサプリ

わんこの乳酸菌
高品質なプロバイオティクスを特徴とする錠剤タイプのサプリメントは、腸内環境を整え、わんちゃんの免疫や健康をサポートします。GMP認定工場で製造され、犬の管理栄養士と共同開発された安全性の高い成分を使用しています。生後6か月以上のわんちゃんにも与えることができ腸内環境を整えるイコール痒みも収まるのでおすすめです😊

アンチノール

犬の全身の健康をサポートするナチュラルオイルのサプリメントです。海洋性脂質「EAB-277」が主要成分で、副作用の心配がなく、動物病院で信頼されている商品で愛犬の健康と幸せのためにおすすめです。😊

毎日美肌
安全で高品質な成分を配合しており、副作用の心配がなく香料・着色料・保存料・化学調味料などの添加物を使用せず、チキン味の錠剤タイプとミルク味の粉末タイプ2種類あり犬が食べやすく生後6か月以上のわんちゃんにも与えることができます。愛犬の皮膚や毛艶の健康と幸せのためにおすすめです。😊

皮膚・毛艶
うちが現在愛用中の商品✨
安くて口コミもわりとよかったので続けられるかなと思ってお試しで使っています(^▽^)/

  • フィッシュコラーゲンやグルコン酸亜鉛などの成分が、皮膚や毛艶の栄養補給に役立ちます。
  • 国内のGMP認定工場で製造されており、安全性や品質にこだわっています。
  • チキンレバーの風味が付いており、犬や猫が食べやすいです。
  • 生後6か月以上の犬や猫に与えることができます

※商品のタイトルをクリックしたら商品に飛べます!!

痒みを和らげるための日常的なケア方法

犬の痒みをラクにするには、サプリだけじゃなくて、普段のケアも大切なのでここでは、痒みをラクにするための普段のケア方法を教えます(^▽^)/

1.いいシャンプーを使う

犬の皮膚は、きれいにしておくことが大事だけど、普通のシャンプーは、皮膚をカサカサにすることがあるので、敏感肌用のシャンプーや、獣医さんがすすめるシャンプーを選びましょう。あと、シャンプーをしすぎると、皮膚が乾燥するから、ほどほどにしましょう!
うちで愛用中のシャンプー👇口コミ良かったので使ってます!!
写真から商品に飛べます!!

犬や猫の皮膚や被毛の洗浄や殺菌消臭に効果のあるシャンプーです。主成分は酢酸クロルヘキシジンで、広い抗菌範囲と持続性を持っています。また、保湿成分やコンディショナー成分も配合しており、仕上がりが良くなるように工夫されていて犬や猫の皮膚病の治療に役立つシャンプーです😊

2.食事に気をつける

犬の食事も痒みに関係してるのでアレルギーになりやすいもの(例:穀物、人工添加物、特定のタンパク源)は避けた方がいいです!
獣医さんのアドバイスに従って、栄養バランスのいい食事をあげましょう😁

3.環境をきれいにする

犬が住むところも痒みに影響するので、犬のベッドや周りのものは定期的に掃除して、ダニやアレルゲンを減らすようにし、花粉やハウスダストなどのアレルゲンも犬に影響することがあるから、気をつけましょう!!

4.水と運動をたっぷり

犬には水分と運動が必要です!
水分は皮膚と毛艶の健康にいいし、運動は免疫力を高めて皮膚の調子を良くする事ができます🤭

スポンサーリンク

まとめ

犬の痒みをラクにするには、いろんなケアが必要ですよね。普段のケアとサプリを一緒に使うと、効果が出やすいと思います。シャンプーや食事、環境などの普段のケアをしっかりやって、犬に合ったサプリを選んであげてくださいね。獣医さんに相談して、犬の健康にあわせたケアプランを作るのも大事ですよ。痒みのある犬の健康を守るには、獣医さんと協力して、いろんなケアをすることが大切ですよね。これらのケアをやってみると、犬の痒みがラクになって、健康になれるといいですね(o^―^o)ニコ

コメント